VRでのリアルな災害体験で
防災訓練・教育の意欲向上

高い没入感で“忘れられない災害の恐怖体験”
VRキットレンタルサービス
「火災臨場体験VR~混乱のオフィス」

\詳細資料はこちらから/

\導入検討中の方は無料VR体験が可能/

ISSUE

防災訓練・防災教育で
こんな課題はありませんか?

防災訓練・防災教育に対する参加者の意欲が高まらない

防災訓練や防災イベントに多くの人を集めたい

防災教育の学びを定着させたい

SOLUTION

そのような課題を解決します

VR_solution01
POINT 01

仮想空間内のリアルな災害体験により、防災訓練・防災教育に対する意欲が向上

細部まで作り込んだ仮想空間と徹底した災害事象の描写に加え、リアルに動きながら様々なセリフを発する人が多数登場する災害体験によって、体験者に危機感を醸成します。

POINT 02

集客につながるVRによる災害体験がお客様のもとで実施可能

起震車や煙ハウス等、定番の防災コンテンツが並ぶ中、注目を集めるVRによる災害体験に必要なキットを、ネット注文でレンタル提供。サービス開始から2年で50社以上で導入、4,000人以上が体験しています。

VR_solution02
VR_solution03
POINT 03

VR体験後に学びのポイントを再学習できる教材を無償提供

注文いただいたお客様には「振り返り資料」を提供。各社の防災教育で活用いただいています。また、最近は企業に止まらず、学校での活用も進んでいます。

CONTACT

VRの導入で防災訓練・防災教育の充実をお考えの方はお気軽にご相談ください

お気軽にお問い合わせください

\詳細資料はこちらから/

\導入検討中の方は無料VR体験可能/

\レンタル検討はこちらから/

FEATURES

サービスの特長

service

01

災害の危険性や怖さを“自分事”として捉えられる、没入感の高い災害体験が可能

防災士が監修したコンテンツを、地震災害からの脱出をテーマにしたゲームソフト「絶体絶命都市」シリーズを代表作とする、株式会社グランゼーラ(本社:石川県金沢市、代表取締役:名倉剛)と共同で制作することによって実現できた没入感が当コンテンツの特長です。

02

VR酔いが起こりやすい動きを徹底排除したコンテンツ

VR酔いが起こりやすい動きを徹底排除(特許申請中)することで、VR酔いが発生しにくいコンテンツになっているのが特長です。

VR酔い発生頻度(当社主催イベント中の実績より):
100人に対して1人程度

service

03

売り上げの一部を社会貢献団体等に寄付する仕組みで間接的な社会貢献が可能

災害が頻発化・激甚化・広域化している日本では、公的機関による救助(公助)に頼ることなく、自分の命は自分で守り(自助)、そして周りの人たちで助け合うこと(共助)が求められており、さまざまな社会貢献団体がその強化促進へ精力的に取り組んでいます。

本サービスは、売り上げの1%を「自助」「共助」の強化に取り組む社会貢献団体へ寄付することで、レジリエントな社会の実現へ継続的に支援する仕組みにしています。

寄付実績
VRキットレンタルサービス「火災臨場体験VR~混乱のオフィス~」の売上の一部を、「いのちをつなぐ未来館(岩手県釜石市)」の指定管理会社である株式会社かまいしDMCへ寄付

04

専用ECサイトからの注文でレンタル可能

面倒な手続きは一切なく、専用ECサイトでクリックするだけで請求書払いによるレンタル注文が可能です。見積書もレンタルサイトからダウンロード可能。ご注文後はVR体験に必要なキット一式をケースに収納してお届けします。機材の接続と設定をした後、すぐに利用が可能となります。

05

導入検討中のお客様は無料でVR体験が可能

「まず体験してみないとコンテンツの良さが分からない」「運用が心配なので事前に体験してみたい」など、導入を検討中のお客様限定で、無料で体験できる機会をご提供しますのでお気軽にお問い合わせください。

体験の場所は当社内イベントスペース(東京都内│最寄JR市ヶ谷駅徒歩6分)になります。

CONTENTS

防災士監修のVRコンテンツ
5つのシーン全てプレイ可能

シーン1~3イメージ動画
シーン4イメージ動画
シーン5イメージ動画
下層_MV_bg
シーン 1

ノートPCからの発火

いつもと変わらぬ活気あふれるオフィス
あなたは自分のデスクで仕事をしている
突然、隣の席のPCから前触れもなく煙と火が…
火災発生!消火は、連絡は、避難は…
状況が一変し、混乱するオフィス

シーン 2

下階で発生した火災

別フロアのオフィスでミーティング中のあなた
同僚の声に混じって、遠くで何かが聞こえる
突如大音量で鳴り出す火災報知機のベル
どうやら下の階で火災が発生したようだ
このまま待機か?すぐに避難か?

シーン 3

廊下に充満する煙

シーン1のオフィスと同じ階にある会議室
けたたましく鳴り響く火災報知機のベル
しかし、会議室内の人は誰も動こうとしない
このままでは命の危険が迫る!
会議室の扉を開けると、既に廊下は煙が充満
果たしてどうやって避難口を探せばよいのか?

シーン 4

大地震、そして火災の恐怖

日は沈み、凍てつく寒さの冬の夕方
オフィスを襲う突然の大地震
迫りくる什器、倒れてくる棚が凶器に変わる
揺れが収まり、ほっとしたのもつかの間
今度は火災の発生を知らせる放送が鳴り響く
外へ避難しなければ!しかし、廊下は…
※シーン4・5は、1~3とは別のオフィスが舞台

シーン 5

混乱したオフィス街の避難

1階に向かうエレベーターの中で突然の大地震
慌ててビルを飛び出すもオフィス街は停電
断続的に襲う余震、あちこちで発生する火災、道路を塞ぐ車列…
凍てつく寒さの中、生きるためにとるべき行動は…

FLOW

レンタルフロー

flow

Rental plan

レンタルプラン│キット内容

99,000円(税込)

延長5日で最長7日間までレンタル可能

180,000円(税込)

1ヶ月(31日間)のレンタルプラン

398,000円(税込)

最長6ヶ月(183日)まで無料延長可能

キット内容

  •  VR専用パソコン:1台
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD):1式
  • HMD予備バッテリー:1台
  • 充電用ケーブル類:1式
  • 三口電源タップ(1m):1本
  • 操作マニュアル
  • 宅急便返送用送り状
  • VRマスク・不織布帽子:各1枚(試供品)

CONTACT

VRの導入で防災訓練・防災教育の充実をお考えの方はお気軽にご相談ください

お気軽にお問い合わせください

\詳細資料はこちらから/

\導入検討中の方は無料VR体験可能/

\レンタル検討はこちらから/

CASE

導入事例

List of media appearances

メディア掲載実績

2023年8月20日:TOKYO MXテレビ
「ええじゃない課Biz」

2023年4月:内閣官房
「国土強靱化 民間の取組事例集」
2023年4月01日:デジタル庁主管
「防災DXサービスカタログ」
2023年8月23日:日経ビジネス
「ニッポンのBOSAI平時も使える製品・サービス拡大」
2023年9月24日:テレビ東京
「田村淳のTaMaRiBa」
2023年12月9日:テレビ東京
「週刊ビジネス新書」

CONTACT

VRの導入で防災訓練・防災教育の充実をお考えの方はお気軽にご相談ください

お気軽にお問い合わせください

\詳細資料はこちらから/

\導入検討中の方は無料VR体験可能/

\レンタル検討はこちらから/

FAQ

よくある質問

Q 屋外イベントで使用したいですが対応してますか?
A 屋外テント内や大きな窓のそばなど、光量が変化する環境ではヘッドマウントディスプレイが誤動作する(プレイエリアの設定が消える)ため、ご利用になれません。
Q 13歳未満の子供に体験させることは可能ですか?
A 13歳未満のプレイは、目の発達への影響が未知数であるためVR業界として推奨されておりませんので、お子様が集まるイベントなどでのご利用時にはご注意ください。
Q VR機材セッティングに必要なスペースはどのくらい必要ですか?
A 映像が360度作りこまれているため回転するタイプの椅子をご用意頂き、その椅子を中心に半径1.5m程度のスペースを確保いただければ、快適に体験頂けます。
Q VR機材セッティングにwifiは必要ですか?
A wifiは必要ありません。パソコンをつなぐ電源のみご用意ください。
Q パソコンをバッテリー駆動で使用することはできますか?
A

バッテリー駆動ではVR映像が正しく動かないため、必ずパソコンをAC100V電源へ接続してご利用ください。

Q 1シーンあたりのプレイ時間はどの程度ですか?
A 1シーンのプレイ時間そのものは5分程度ですが、ヘッドマウントディスプレイ装着やコントローラーの操作説明などを含めると10分程度となるため、1時間当たりのプレイ可能人数は6~10人程度となります。
Q 5シーン全て体験可能ですか?
A 5つのシーン全ての体験が可能です。オープニング画面で自由に選択が可能です。
Q ヘッドマウントディスプレイの連続使用時間(充電切れ)はどの程度ですか?
A ヘッドマウントディスプレイの連続使用時間(充電切れ)は最大2時間となります。コントローラーの連続使用時間(充電切れ)は最大15時間となります。両方共にフル充電にはおおよそ1.5時間かかります。ヘッドマウントディスプレイは予備バッテリーが同梱されていますので、交換しながらご使用ください。コントローラーは、こまめに充電するか充電時間の確保をお願いします。こまめに充電しながら使用するセッティング方法は機材添付のマニュアルに写真付きで説明がありますのでそちらを参考にしてください。
Q イベント使用時における補助員は必要ですか?
A イベントなどで使用される際は、VRキット1セットにつき1名の補助員配置をご検討ください。当社のVRはパソコンとヘッドマウントディスプレイがUSBケーブルで接続されています。そのケーブルを持ってプレイヤーに絡まないよう補助する必要があるのと、プレイヤーへの機材装着の補助などが必要となります。
Q 寄付つきレンタルとは?
A お客様ではなく、能美防災が社会貢献団体に寄付する形となりますので、寄附金控除は受けられません。
Q 注文はECサイト以外からはできないのですか?
A レンタル注文は、機材の在庫管理も兼ねているECサイトからの御注文に限定させていただいております。
Q レンタル費用は請求書による後払いが可能ですか?
A 請求書による後払いが可能です。請求書は、請求代行を依頼している株式会社ネットプロテクションズ社からレンタル商品発送日の翌月第4営業日に月末支払期限の請求書が発行されます。
Q 見積書が欲しいです
A ECサイトの各レンタルプランページよりダウンロードできるようになっておりますのでそちらから入手をお願い致します。

CONTACT

VRの導入で防災訓練・防災教育の充実をお考えの方はお気軽にご相談ください

お気軽にお問い合わせください

\詳細資料はこちらから/

\導入検討中の方は無料VR体験可能/

\レンタル検討はこちらから/