記事カテゴリ

企業の備蓄品入替時に抑えておきたいポイント

企業の備蓄品入替時に抑えておきたいポイント


  能美防災│ストクル+ 備蓄品の入替から防災食品の寄付までワンストップでの支援が可能な、備蓄品入替・防災食品寄付サポートサービス「ストクル+(プラス)」 能美防災株式会社


目次[非表示]

  1. 1.概要
  2. 2.備蓄品の定期点検の重要性
  3. 3.入替基準を明確にする
  4. 4.在庫量の適正化
  5. 5.保管方法の見直し
  6. 6.社内周知徹底と役割分担
  7. 7.まとめ

概要

 企業が安心して業務を続けるためには、備蓄品の管理が不可欠です。しかし、備蓄品の入替作業は一筋縄ではいきません。この記事では、備蓄品の効率的な入替方法と重要なポイントについて解説します。

備蓄品の定期点検の重要性

 企業にとって備蓄品の管理はリスク管理の一環として非常に重要です。備蓄品が必要になる状況、例えば自然災害やその他の予期せぬトラブルが発生した際には、すぐに使用できる状態であることが求められます。そのために、定期的な点検が欠かせません。

 具体的には、備蓄品は期限である5年毎ではなく、年単位などで定期点検を行うことが推奨されます。食品類であれば消費期限をチェックし、医薬品については有効期限を確認する必要があります。出入りの少ない倉庫などに置いている場合には梱包箱などの湿気での劣化具合などで、長期間保存できるかどうかについても再評価することが重要です。点検の際には、問題があればすぐに対応できるよう、チェックリストを作成しておくと良いでしょう。

入替基準を明確にする

 備蓄品の入替基準を明確に設定することは、スムーズな管理に欠かせません。例えば、「賞味期限が3か月以内に迫った食料品はフードバンクなどへの寄付対象」といった具体的な基準を設けることで、無駄を減らし、効率よく管理できます。この基準を明確にすることで、備蓄品の品質を確保することができます。

 また、入替基準を設けるだけでなく、この基準を社内で共有し、全員が理解していることが非常に重要です。各部署や担当者が基準に基づいて適切に行動できるように、基準を記載したマニュアルを用意するとよいでしょう。このような準備が、突然の緊急対応時にも混乱を避ける鍵となります。

在庫量の適正化

 備蓄品の在庫量を適切に管理することは、無駄なコストを削減しつつ、必要時に備えるために非常に重要です。過剰な備蓄は保管スペースの問題やコストの増加を引き起こします。逆に不足が発生すると、緊急時に対応が遅れるリスクが高まります。このバランスを維持するために、過去の使用実績や予測データを元に適正な在庫量を常に把握しておく必要があります。

 近年では在宅勤務やフリーアドレス形態のオフィスが増えており、在席人数の8割程度など、基準を設けて数量を確保しておく企業も増えています。

 在庫管理には、専用のソフトウェアを使用することも一つの方法です。これにより、各アイテムの在庫状況や入替時期を一目で把握でき、効率的な管理が可能となります。また、定期的に在庫状況を確認し、店舗やその他の保管場所からもフィードバックを得ることが、在庫量の適正化に役立ちます。

保管方法の見直し

 備蓄品の保存方法についても定期的に見直しを行うことが重要です。特に温度や湿度に敏感な物品については、適切な環境で保管されているかを確認する必要があります。例えば、医薬品や食品は適切な温度管理が求められ、乾燥材や湿気対策を取ることで品質を維持することができます。

 湿気対策としては床への直置きではなくパレットなどを用意して、床面からのクリアランスを確保することも必要です。

 さらに、備蓄品が必要になった際に迅速に取り出せるよう、保管スペースの配置にも工夫が必要です。物品が種類別や使用頻度別に整理されているか、ラベルや表示が分かりやすく設置されているかを見直します。定期的な点検と一緒に、保管方法も併せて確認することが、備蓄品の劣化を防ぎ、長期間の保管を可能にします。

社内周知徹底と役割分担

 備蓄品管理は一部の担当者だけでなく、社内全体で取り組むべき問題です。全社員が備蓄品の重要性と管理方法を理解していれば、緊急時にもスムーズに対応できます。定期的な研修や社内通知を行い、全社員に周知徹底を図ることが大切です。

 また、備蓄品管理の役割分担を明確にすることで、一人ひとりの責任がより明確になります。例えば、各部署ごとに備蓄品担当を決め、その担当者が定期的に在庫をチェックする体制を整えると良いでしょう。これにより、万が一の際に「誰が何をするべきか」がすぐに分かり、混乱を避けることができます。

まとめ

 企業の備蓄品の入替作業は、単なる物品交換ではなく、リスク管理の一環として非常に重要です。備蓄品の定期点検、入替基準の明確化、在庫量の適正化、保管方法の見直し、そして社内周知徹底と役割分担の5つのポイントを抑えて、効率的な管理を目指しましょう。

 これにより、企業は不測の事態にも迅速に対応し、業務を滞りなく続けることができます。社員全員が備蓄品管理の重要性を理解し、一丸となって取り組むことが、結果として企業全体の安全性を高める鍵となります。

 備蓄品の入替時には食品を廃棄するのではなく、フードバンクなどへの寄付も検討してみてください。廃棄と同等のコストで手間なくフードバンクへの寄付が可能となるワンストップサービスがあるので、以下へ相談してみてください。

  環境省の「フードドライブ実施の手引き」を活用した災害備蓄食料の寄付 食料の賞味期限が来る前に有意義に活用するため、環境省の「フードドライブ実施の手引き」に書かれている注意点に気をつけながら寄付する方法について紹介します。 能美防災株式会社
  食品を扱わない企業によるフードバンク活動の進め方 食品を扱わない企業でも、フードバンク活動に参加することができます。本記事では、企業がどのようにしてフードバンク活動を進めることができるのか、その具体的な方法と事例を紹介します。 能美防災株式会社
  フードバンクへの寄付でCSR実現!法人の新しい取り組み方 フードバンクへの寄付は、法人の社会的責任(CSR)を果たす効果的な方法として注目されています。本記事では、フードバンクへの寄付がどのように企業のブランド価値を高め、地域社会への貢献につながるのかについて解説します。 能美防災株式会社
  能美防災│ストクル+ 備蓄品の入替から防災食品の寄付までワンストップでの支援が可能な、備蓄品入替・防災食品寄付サポートサービス「ストクル+(プラス)」のご紹介│能美防災 能美防災株式会社



人気記事ランキング
全ての記事カテゴリ
緊急時の初動対応を迅速化するTASKisMV
ストクル+(プラス)メインV
防災VR火災臨場体験VRメインV