記事カテゴリ

自助共助公助:災害時に役立つ3つの助け合いのかたち

自助・共助・公助:災害時に役立つ3つの助け合いのかたち


目次[非表示]

  1. 1.概要
  2. 2.自助:まずは自分を守る
  3. 3.共助:地域やコミュニティで支え合う
  4. 4.公助:行政や公的機関の支援
  5. 5.自助と共助の連携
  6. 6.公助の限界と私たちの責任
  7. 7.まとめ

概要

 災害時にはさまざまな助け合いが試されます。「自助」「共助」「公助」の3つの助け合いのかたちを理解し、それぞれの役割や手段を知ることは、私たちがいざという時に如何に行動すべきかを考える手掛かりになります。この記事では、これらの助け合いについて詳しく解説し、その具体的な実践方法を探ってみましょう。

自助:まずは自分を守る

 「自助」とは、文字通り「自分を助ける」ことを指します。災害時に重要なのは、自分自身と家族の命を守るための行動です。例えば、地震の場合、建物内の安全な空間を確認し、安全確保を最優先に行動することが求められます。

 また、避難経路の確認や非常時の持ち出し袋の準備も自助の一環です。持ち出し袋には、数日分の食料、水、医薬品、ライト、携帯電話の充電器など、最低限の生活必需品を備えておくことが推奨されます。

 さらに、防災訓練に参加していることや、応急手当のスキルを磨くことも大切です。これにより、実際に災害が発生したときに冷静に対応することができ、自身の安全を確保するだけでなく、他者への救助活動も円滑に行えます。 

共助:地域やコミュニティで支え合う

 「共助」は、コミュニティや近隣住民同士で助け合うことを意味します。災害時には、一人でできることには限界があるため、周囲の人々と協力することが非常に大切です。
例えば、地域の防災訓練に参加することで、地域の避難所や緊急時の対応についての知識を共有し合えます。また、避難所では役割分担を決め、食事の準備や医療援助、情報提供などで協力し合うことが求められます。

 普段から地域でのつながりを築いておくことも重要です。近隣の住民と日常的な付き合いを持ち、災害時にすぐに協力し合える関係を作っておくことで、迅速な対応が可能となります。最近では、SNSやコミュニティアプリを活用して情報を共有するケースも増えており、これらのツールを日常的に利用しておくと、非常時にも役立ちます。

公助:行政や公的機関の支援

 「公助」は、政府や自治体、その他の公的機関による支援を指します。災害発生後には、市や県、国が救援活動を行います。これには、避難所の開設、食料・水の提供、医療支援などが含まれます。

 行政からは避難指示や緊急情報が発信されるため、これらの情報を迅速にキャッチし、適切に行動することが極めて重要です。防災アプリをダウンロードしておくことで、すぐに行政からの連絡を受け取ることができます。

 また、自治体では定期的に防災訓練や講座を開催しており、これに参加することで公助の役割を理解しやすくなります。具体的な避難所の位置や非常時のルールを知っておくことで、いざという時に混乱を避け、適切な行動が取れるようになります。

  防災士とは|日本防災士機構 防災士の基本理念や定義、防災士の期待される役割をご紹介。防災士の認証と防災士制度の推進で地域社会の防災力向上に寄与します。 日本防災士機構|防災士資格の認定、防災士制度の推進 | Just another WordPress site


自助と共助の連携

 自助と共助は密接に関連しています。自助の取り組みがしっかりしていれば、共助でも的確に対応できます。一人ひとりが自助の備えを完璧にしておくことで、共助の場面での負担が軽減され、より多くの人々に手を差し伸べやすくなります。

 例えば、家族で避難計画を立て、自分たちの安全が確保された後に、近隣の高齢者や困っている人々を助けることができるようになります。また、日頃から防災に関する情報を共有し、各自が自助の準備を徹底することで、コミュニティ全体の防災力が高まります。

 自助と共助が上手く連携することで、混乱やパニックを最小限に抑えることができ、一人でも多くの人命を救える可能性が高まります。このように、自分を守ることが他者を助けることにも繋がるのです。

  ゲームで学ぼう!家族みんなで楽しい防災訓練 防災訓練は大切ですが、なかなか家庭で実践するのは難しいですよね。そこで、今回は「ゲーム」を使って家族みんなで楽しく防災訓練を行う方法をご紹介します。大人から子どもまで、一緒に楽しみながら学びましょう。 能美防災株式会社


公助の限界と私たちの責任

 公助には限界があります。大型災害時には行政の支援が行き届かないことも多々あります。そこで、自助と共助が公助の不足を補う役割を果たします。

 まず、自助として自分たちでできることを準備し、実際に行動することが重要です。家族での避難計画や非常持出品の準備を整えておくことが基本です。そして、共助として地域やコミュニティとの連携を深め、災害時にスムーズに助け合えるようにしておきましょう。

 公助の支援が迅速に機能するためには、私たちが正しい情報を提供し、指示に従うことも重要です。また、非常時に備えて行政からの連絡手段を確保し、緊急時には冷静に対応することが求められます。この三位一体の連携が、災害時の被害を最小限に抑える鍵となります。

https://www.bousai.go.jp/kaigirep/hakusho/h26/honbun/0b_5s_01_00.html

引用:内閣府

まとめ

 「自助」「共助」「公助」という3つの助け合いのかたちは、それぞれが独立して存在するのではなく、互いに補完し合うことで最大の効果を発揮します。自分自身の備えを怠らず、地域と連携し、行政の支援を上手に活用することで、災害時における私たちの安全は確保されるのです。
日頃からこれらの助け合いの重要性を認識し、具体的な対策を講じることが求められます。皆さんもぜひ、この機会に防災について考え直してみてください。

  防災士資格で未来を守ろう: 家族と地域を守る社会貢献 防災士資格は、地域社会や職場で災害対応能力を高めるための資格です。本記事では、防災士資格の概要や、取得することで、家族だけでなく地域を守る社会貢献にもつながる可能性について語ります。私たちの生活を守るために必要な一歩を踏み出しましょう。 能美防災株式会社


人気記事ランキング
全ての記事カテゴリ
緊急時の初動対応を迅速化するTASKisMV
ストクル+(プラス)メインV
防災VR火災臨場体験VRメインV