記事カテゴリ

ハザードマップの読み方を徹底解説: すぐに実践できるガイド

ハザードマップの読み方を徹底解説: すぐに実践できるガイド


目次[非表示]

  1. 1.概要
  2. 2.ハザードマップとは
  3. 3.ハザードマップの基本構造
  4. 4.リスクごとの見方
  5. 5.自分の住まいの確認方法
  6. 6.緊急時の行動計画
  7. 7.まとめ

概要

 ハザードマップは、防災対策の一環として非常に重要なツールです。しかし、その読み方を理解していないと有効に活用できません。本記事では、ハザードマップの基本的な読み方から具体的な活用方法を解説します。これからすぐに使える実践的な情報を豊富に盛り込みますので、是非ご覧ください。

ハザードマップとは

 ハザードマップは、自然災害のリスクを視覚的に示す地図のことです。一般的には洪水、地震、津波、火山噴火などの危険性を示すために作成されます。これにより、住民は自分が住んでいる地域がどのようなリスクに晒されているのかを理解しやすくなります。

https://disaportal.gsi.go.jp/

ハザードパップポータルサイト

 ハザードマップは市町村や都道府県によって発行されることが多く、それぞれ異なるフォーマットが存在します。近年では、インターネットでも手軽にアクセスできるハザードマップが多く公表されており、家庭でも簡単に確認することができるようになっています。

例:江東区の水害ハザードマップ

  水害ハザードマップ(3種類) 江東区

 この地図を活用することで、災害時の避難計画を立てやすくなり、安全な生活を送るための重要な情報源となります。

ハザードマップの基本構造

 ハザードマップは、基本的に地図とリスク情報から構成されています。地図部分には、自分の住んでいる地域や重要な施設(避難所や公共施設など)が詳細に示されています。位置情報だけでなく、道路や河川などの地形情報も含まれているため、地理的な理解を深めることができます。

 加えて、その地図に色やシンボルが重ねられていて、どの地域がどの程度のリスクに晒されているのかを視覚的に理解できるようになっています。例えば、洪水リスクの場合、浸水深さごとに色分けされ、最大どれくらいの深さに達するかが明示されています。

 また、リスク情報には、災害技術の推計データや過去の災害履歴などが含まれています。これにより、住民はより現実的で具体的な対策を立てることが可能です。

リスクごとの見方

 ハザードマップは、災害の種類ごとに異なる表現方法があります。それぞれの災害に対するリスク見方について詳しく解説します。

 まず、洪水リスクについてです。洪水リスクは一般的に浸水深さが色分けされて示されます。この色分けは、1メートル未満、1〜3メートル、3メートル以上などの段階で分けられることが多いです。これにより、どの範囲がどれくらいの深さで浸水するのかを一目で確認することができます。

 次に地震リスクについてです。地震リスクは、震度や地盤の揺れやすさ(震度分布図)で示されます。この情報を元に、住宅の耐震補強や家具の固定など具体的な対策を考えることが出来ます。また、地震リスクマップには活断層の位置や地質の特性も示されており、地震発生時の被害予想が立てやすくなっています。

 津波リスクについては、浸水範囲や津波到達時間の情報が示されます。これらの情報を参考に、津波避難ビルの位置や避難ルートを確認することが重要です。このように、それぞれの災害に応じたリスクを見ることで、より具体的な備えをすることが可能です。

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/mytimeline/1006345/1006337/1006298.html

東京都防災ホームページ

自分の住まいの確認方法

 自分の住まいやその周辺がどのようなリスクに晒されているかを確認する方法について説明します。まずは、自分の住む地域のハザードマップをインターネットで検索します。市区町村のホームページや防災関連のウェブサイトにリンクがあることが多いので、それを利用します。

 地図が見つかったら、住所を入力し、自分の家や職場の位置を確認します。これは、Googleマップやその他の地図サービスと同じ感覚で使えるものが多いので、簡単に確認することができます。次に、表示される色やシンボルが何を意味しているのか、凡例(レジェンド)を見て確認します。これにより、具体的なリスクの種類と程度を理解できます。

 また、ハザードマップには避難経路や避難所の場所も示されていることが多いです。これらの情報を元に、災害時にどのように行動するか、避難場所までのルートを確認しておくことが重要です。特に夜間や悪天候時には視界が悪くなるため、事前に避難経路を複数把握しておくと安心です。

  水害発生時に役立つリアルタイム情報収集のポイント 本記事では、効率的に水害情報を取得するためのポイントを紹介します。被災時に役立つ情報源やツールを活用する方法、注意点などを具体的に説明しますので、ぜひ参考にしてください。 能美防災株式会社


緊急時の行動計画

 最後に、ハザードマップを有効に活用して家庭内での緊急時の行動計画を立てる方法を説明します。まず最初に、非常持出袋を用意しましょう。持出袋には、食料、水、救急セット、懐中電灯、携帯ラジオ、充電器、そして重要な書類のコピーなどを入れておくと良いでしょう。

 次に、家族全員で避難場所や避難経路を確認します。昼間だけでなく夜間もリハーサルを行い、避難ルートを実際に歩いてみることをおすすめします。これにより、どのくらいの時間がかかるか、道中の危険箇所はどこかを把握できます。

 さらに、災害発生時にどのように連絡を取り合うかも予め決めておくと安心です。例えば、集合場所を決める、電話やメールで連絡を取る、SNSや防災アプリを活用するなどの方法があります。また、避難時に家に残されるペットの扱いについても計画を立てておくと良いでしょう。

  台風シーズン到来!自宅を守るための防災チェックリスト 台風シーズンが近づいています。今年も自宅を守るための準備が必要です。この記事では、プロの編集者が提案する防災チェックリストをご紹介します。これを参考にして、天災に備えましょう。 能美防災株式会社


まとめ

 ハザードマップは、防災対策の基本として非常に有用です。その内容を正しく理解し、日常生活に反映させることで、災害時の被害を最小限に抑えることができます。この記事を参考に、自分の住まいやその周辺のリスクを再確認し、しっかりとした防災対策を立ててください。安全な生活を送るための一助となれば幸いです。

  ゲームで学ぼう!家族みんなで楽しい防災訓練 防災訓練は大切ですが、なかなか家庭で実践するのは難しいですよね。そこで、今回は「ゲーム」を使って家族みんなで楽しく防災訓練を行う方法をご紹介します。大人から子どもまで、一緒に楽しみながら学びましょう。 能美防災株式会社


人気記事ランキング
全ての記事カテゴリ
緊急時の初動対応を迅速化するTASKisMV
ストクル+(プラス)メインV
防災VR火災臨場体験VRメインV